金がなかったな~

Posted by schoolboardng on 土曜日 12月 27, 2014 Under 未分類

タイトル通りでなんだけど学生の頃はとにかくお金がなく、遊び時間はあったけどそこまで行くにも交通費が出ることもあって目的地まで歩いていたね。
 
バイトもしていたけどとにかく遊んでいたし、昼食も外で食べることが多かったから万年金欠病って感じだったね。
そんな生活をしていたからお金を借りることなく生活することが難しいので、お金を借りる学生をやっていたわけよ。
本当は借りたくはないけどお金がないほど不便なことがあったし、交友関係も狭めてしまうからそれではせっかくの学生生活も楽しくないよね。
だから返済することを考えながらもお金を借りて、バイトを一生懸命していて迷惑を掛けずにすんだけど、それでもカツカツの時期は本当に大変だったな。
 
今だったらお金を借りる学生をすることもできるし、初めてだったら利息が付かない所があるから利息だけでも儲かった気持ちになるから個人的には羨ましいな。
利息金だけでも結構な金額になってしまうけど、それでも返済できないと親や親戚にも迷惑かけてしまうよね。
お金を借りる学生も大変だけど、だからといって使いすぎないように計画的に使いましょう。

Tags : | コメントは受け付けていません。

お金がないと思うと貯まらない!?

Posted by schoolboardng on 木曜日 8月 21, 2014 Under 未分類

カードローン会社に申し込んでお金を用意しようと思案しているのではないですか?現在では申し込みだけでもたくさんの経路を見かけます。

対面申し込みのみとしていた数年前とは違って、インターネットでの登録対応の企業が多くなっていますから入会方法について熟読したうえで決断する進め方が良いです。

その人の状況で有用な要因が存在するキャッシング業者かどうかをチェックするのが適切と思います。

カードローン会社に申し込みして金銭を調達するつもりなら融資査定にパスするだろうか、審査される部分をしっかりと満たしておく姿勢が大切となります。

審査の中では、ご利用者のどういった箇所がジャッジされるのか。

融資する会社は審査をもらうと、自分の会社の登録リストに申込み登録者がもう登録済みかどうか、ってことをみます。

続いて、信用情報機関などに連絡を取って、申込者の情報があるか否か。

続いて、信用情報機関等に確認して、申込みした方のデータがあるか否か。

そして、申込みした人の年齢や今までの使用経験といった、プライベートな情報の要素からも確認していくのです。

厳しい審査をクリアすることで、クレジットカードが交付され、キャッシングサービスを利用することができるようになるのです。

お金の借入れの手続きには、手続き者の個人情報に関するものを全部提供するつもりで望む必要があります。

自分のことは当然ですが家庭やお仕事や勤め場所や、住まいの環境なども審査項目に書く必要があります。

Tags : | コメントは受け付けていません。

家計簿を付ける習慣がない人、ある人

Posted by schoolboardng on 水曜日 7月 9, 2014 Under 未分類

消費者金融経由で現金を用意しようとしている人。

今現在申し込みひとつとっても何種類ものルートを見かけます。

店舗申し込みのみとされていた過去に比べるとネットを使っての入会を歓迎するキャッシング会社が増加傾向となっていますから、申し込みのやり方に関して熟慮をし決定するようにすると良いと考えます。

当人のケースで有用な項目が感じられるサービス業者なのかどうかを精査するのが正しいやり方と思います。

キャッシング会社を経由して資金の貸付を受ける際は貸付審査に合格するのかどうか審査される箇所を入念に満たしておく姿勢がキモと言えるでしょう。

審査において、使用する人のどういった部分が見られるのでしょうか。

融資する会社は審査の手続きを受けると、最初、弊社の登録リストに申込み登録者が既に登録されているかっていうことを調べます。

そして、信用情報機関に確認して、申込者のデータがあるかどうなのか。

続いて、信用情報機関などに確認して、キャッシングサービスを受けようとしている人の情報があるか。

次に、キャッシングサービスを受けようとしている人の年代や以前の利用履歴というような個人情報の要素からも調べていくのです。

厳しい審査を通過することで、キャッシングカードが、交付され、キャッシングサービスを使用することが可能です。

融資を受けるための申し込みには、申込み者のプライベートといえるもの全て晒すつもりで望むことが必要です。

自分のことは当然ですが家族や職や住居の状況等も審査事項に書かなければなりません。

Tags : | コメントは受け付けていません。

お金を借りること、その重みは変わること

Posted by schoolboardng on 火曜日 6月 17, 2014 Under お金のアレコレ

友人に「お金を貸して欲しい」と頼まれたことがあります。
出産後すぐに離婚した彼女は、生活費を充分に用意することもできず、
苦しい日々を送っていたようです。

私自身、それほど余裕のある生活というわけではありませんでしたが、
事情が事情の為、彼女に僅かな額を渡しました。

その後彼女はある仕事に就き、無職の苦しい日々からは脱しました。
しかし、彼女にお金を貸した人達は、
親しさもあって、強く返済を求めることはしませんでした。

それがその時の彼女を少し変えてしまったようです。

『お金を借りる』ということに慣れてしまったのか、
ふとした会話の時に聞いた借金の量、借入額は相当なものでした。
(額そのものが多い、というよりも短期間にこれだけ!と驚きました。)
事情は深く聞けませんでしたが、人間関係に何らかの理由があったようです。

それから数年が経った今では、
彼女は子どもと共に実家で暮らすようになり、
それ以上お金を借りることもなく、きちんと返済を始めているようです。

大変な問題などには発展しませんでしたが、
あの時お金を貸すのではなく、もっと違う手の差し伸べ方があったのではないか、
彼女の話を聞いていれば、借入額に驚く前に何かできたのではないか、
そんなこともたまに考えてしまうのです。

Tags : | コメントは受け付けていません。

お金を借りることの大変さ

Posted by schoolboardng on 土曜日 5月 17, 2014 Under 未分類

去年、長年勤めていた会社を辞めて独立しました。父親も自営業なこともあり、小さい頃から漠然と自分も自分で会社を作るんだろうなと考えていたので、独立はとても自然なことのように感じています。

 独立するにあたって、一つだけ父親から言われたことは、「銀行からお金を借りるな」ということです。父親は仕入れのあるビジネスをやっているため、お金のやり繰りが大変だったそうで、銀行は調子が良い時はどんどん貸してくれるのに、本当に大変な時は見向きもしてくれなかったようです。だからこそ、「銀行からお金を借りるということはとても大変なことなので、出来るだけ借り入れをすることなく無借金経営でやっていけ」とのことでした。

 幸い、私はパソコン一つあれば出来る仕事なので、特に銀行からお金を借りる必要はありませんでした。ただ、独立したてのころは収入が不安定だったので収支がギリギリで大変でした。でも、銀行からお金を借りることの大変さよりもマシだと父親が言っていたのを思いだし、なんとか頑張っていました。
銀行 借り入れ

Tags : | コメントは受け付けていません。

若いころはわからなかった

Posted by schoolboardng on 火曜日 5月 13, 2014 Under お金のアレコレ

お金は大事だなと最近つくづく感じています。

体調を崩して仕事をやめても年金や保険など支払うものはあり、貯めていた貯金も徐々に無くなってくるものです。
貯金があるうちは、値段なんてあまり気にしないで色々買ってしまったけど、今になって後悔しています。

同じものでも、コンビニで買うよりスーパーのほうが断然安いですし、あとATM手数料も馬鹿にならなかったなと今になって思います。
色んな面で払わなくてもよかったお金があったのになって後悔です。

最近は、スーパーで安いものを見つけて買うようにしたり、手数料もかからない時間に降しにいったりなど、今更ですが少しでもできる節約みたいな感じでお金をなるべく使わないで済むようにしています。

Tags : | コメントは受け付けていません。